レーシックに興味があるけど、失敗が怖いという方の為に説明いたします。

今では日本だけで年間に数十万件の手術が行われているという、視力矯正のレーシック手術ですが、興味はあるけど、怖くて一歩踏み出せない方もいらっしゃると思います。確かに昔は失敗もあったそうですが、それは技術が確立していない中で、経験不足の医師が起こしたミスであり、現在では失敗はほとんどなく、また手術によって失明等になったケースもないそうです。

手術後しばらくは眼をこすったり、パソコン作業等で眼を酷使したり、激しい運動をすると、悪影響が出るようですので、その辺りはきちんと病院の指示に従い制限する必要があるでしょう。もしも手術後に再び視力が低下すれば再手術をする可能性もありますが、再手術率は1%未満という低い確率ですので、現時点ではとても安全で、確実性の高い方法だと言えると思います。

数年前にニュースになった集団感染事故をご存知の方は根強い不信感を抱いていらっしゃるかもしれません、しかしあの事故は手術器具の消毒等が十分に行われていなかった事による衛生管理の問題であり、レーシックそのものに問題があるわけでは無かったのです、その病院は値下げ競争に必死になり、衛生管理を怠った事が原因でした。いかに機械が進歩してもそれを使う人間のミスによって、事故に繋がるケースもありますから、やはり病院選びは大事だ思います。

最近コンタクトレンズが原因による眼病が増えているそうです、代表的な病気は巨大乳頭結膜炎や、角膜の炎症です、コンタクトレンズのこすれや乾燥等により、角膜に傷が出来て酷いときには潰瘍が出来る事もあるそうです。コンタクトレンズはきちんと汚れを取ったり、交換したり、定期検査を受ける必要がありますが、それを怠る人が多い事や、酸素透過率の低いカラーコンタクト等が流行っている事も原因になっているようです。

もともとコンタクトはレンズは異物ですから、取り扱いには注意しなければなりません、コンタクトレンズを使い続ける事の危険性や費用等を考えれば、一度はレーシック手術を検討する価値はあると思います。眼鏡を使う事もレンズが割れた時の危険がありますし、何よりも眼鏡やコンタクトレンズを何年つけていても、視力が落ちる事はあっても、根本的な視力回復は出来ません。

現在のレーシック手術は厚生労働省も認めた効果的で安全な方法です、レーザーで角膜を削り屈折力を調整するのであり、眼に異物を付ける訳でも無く、一度手術をすれば元の視力まで落ちる事もほとんどありません、眼鏡やコンタクトの煩わしさから開放されて裸眼でクリアな視界を確保出来るなら素晴らしい事だと思います。